記事一覧

500点の多彩なカメオ作品群「Stone Cameo Museum」一般公開 – 甲府


甲府の宝飾品製造販売業 古屋が本社に構える「Stone Cameo Museum(ストーンカメオミュージアム)」。

ストーンカメオとは、縞メノウやトルマリン、オパールなどといった宝石に凸型に、人物の顔や姿などを浮き彫りにした作品。エルメス ジュエリー本ミュージアムでは、ストーンカメオの美しさ、精巧さに感銘を受け1977年から一貫してストーンカメオを収集してきた古屋の誇る、およそ500点の多彩なストーンカメオが展示されている。

特に注目を集めているのは、日本の人間国宝と同等の称号とも言えるドイツのクンストラー(芸術家)であるゲルハルド・シュミット氏とハンス・ディター・ロート氏の作品。世界に一つしか存在しないこの芸術品は、その繊細な技術に見惚れてしまうほど。



アフロディテとフローラ | ゲルハルド・シュミット作

また、「仏像シリーズ」「聖書シリーズ」「シェイクスピアシリーズ」といった、テーマに沿った複数のカメオで構成されるシリーズ作品も迫力満点。ミュージアムには、手に取ることのできるブローチカメオから、普段見ることのできない器の形状の大きなカメオまで様々な種類のカメオが展示されており、宝飾品としても芸術作品としても楽しめる圧巻のラインアップだ。

【おすすめの関連記事】:http://natuko.top

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー